私たちに関しては

Graphite Techonologyとは?

GT社は、当時グラファイト器材の第一人者であった企業の従業員の手で2011年に創設されました。それ以来、様々なプロジェクトに対応した化学器材の設計・製造に邁進し、経験を積んでまいりました。現在すでに3大陸に製造拠点を据えているGT社は、最終需要企業・中途加工企業などの分け隔てなく、どのような顧客のニーズにも応えることができるようになっています。

GT社では、化学的工程を用いるどの産業においても完璧な グラファイト器材を提案・提供していくということを社標として掲げています。グラファイトの素材・専門家のいずれも欠くことのないグラファイト専門企業Graphite Technologyに御頼りください。

GRAPHITE TECHNOLOGYの専門家は長年にわたって、耐食性抜群のグラファイトを何千にも及ぶ規模で製作してきました。 また、当社のエンジニア部門では熱交換器の設計だけでなく、世界の各規格(ASME、GB、AD-M、EN、CODAPなど)に沿った耐食・耐熱試験も執り行ってきました

Graphite Technology

企業ミッション

お客様が腐食・ファウリング・高熱・高圧の環境下でも支障なく安定した作業を行えるようにサポートすること——

お客様の化学工程の能率・コストパフォーマンスを最大限に引き上げること——

質の高い耐食グラファイト製の素材・器材・部分品をお客様に提供することで以上の目標の達成を遂行します。

具体的には、設計面の効率向上、部品のアップグレード、機能上の束縛の除去といった事業を行います

世界のカーボン企業の中でも最も広範な化学工程に対応しているだけでなく、頼りがいのある器材とお客様目線の機能を準備して臨んでいます。

GT社製品の特長

当社の器材は寿命を引き延ばし、メンテナンス費用を抑え、安定した動作環境をお支えするために、最も過酷な条件下でも運行できるように設計されています。 浸食、ウォーターハンマー、振動、熱・機械的衝撃から素材を守るための様々な特許収得技術も開発済みです。

また、複数の製造拠点の力を組み合わせた器材の製造も可能になっています。自社施設だけでなく、等方圧グラファイト製造部門において中国最先端を切っているメーカーとの提携も行っています。このパートナーシップによって 4µmの極細粒グラファイトの製造

  • 世界唯一の原子グレードグラファイト製造認定
  • 難度の高い工程にも対応可能な精製技術
  • 最先端の器材を備えたR&D施設
  • 最高級の備品の品揃え
  • 世界最大規模の等方圧グラファイトメーカー

詳しくは こちらのPDFをご覧ください

TEAM

EXECUTIVE MANAGEMENT TEAM:

Christian Hug GENERAL MANAGER
Mika LiVGM, SALES DIRECTOR CHINA
Managing Director - GT International
Mike JordanGLOBAL SALES DIRECTOR

REGIONAL SALES DIRECTORS

Krunal KirdavkarSales Director INDIA
Sebastian HorodeskiSales Director LATAM